令和元年8月佐賀県豪雨災害義援金募金 -2019年09月02日

2019年8月28日から続く豪雨災害では、佐賀県、福岡県を中心として九州北部などで河川の氾濫や洪水などの被害が発生しています。
さらに、市街地の水没に伴い、工場からの油の流出が、住宅や農業に被害をもたらしています。

被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

中央共同募金会では、今後ボランティアや公共機関により実施される、被災者支援活動を応援するために、「8月九州豪雨災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金(災害ボラサポ・8月九州豪雨)」の募集を開始することとなりましたので、お知らせいたします。

8月九州豪雨災害に伴うボランティア・NPO活動サポート募金 (災害ボラサポ・8月九州豪雨)

また、
ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」(運営=トラストバンク)、ふるさと納税サイト「さとふる」(運営=さとふる)などでも募金の受付が行われているほか、佐賀市内に事務所を置くNPO「ピースウィンズ・ジャパン」、「アジアパシフィックアライアンス・ジャパン」は、災害支援活動に対する寄付を「Yahoo!ネット募金」などで受け付けています。

熊本YMCA震災復興支援募金 -2019年08月28日

熊本YMCA震災復興支援募金
-被災者に寄り添う活動のために-

熊本YMCAでは、2016年に震度7を記録した熊本地震で被災した人々ともに歩み人々に寄り添う活動をしています。
このため、支援を必要としています。

最大震度7の揺れを二度観測した熊本地震は、2016年4月14日の前震発生に続き、本震が起き、この時の被害が大きかった益城町木山仮設団地の地域支え合いセンターを拠点として、居住者の見守り支援活動をしています。
子どもたちの心のケアなどの活動も行っています。

地震で崩れた熊本城の復旧など、物理的な復興は着々と進んではいるものの、まだ被災者に対する継続的なケアを必要としています。

皆様の募金は、下記の活動に使われます。

・仮設住宅での見守り活動・コミュニティづくり
・復興支援ボランティアの受け入れ
・子どもたちの心のケア

 -2019年08月21日